援助交際とSNS 確かなところを選びましょう

SNSサイトというものは今やだれも一つは登録していると思います。

ソーシャルネットという言葉は知っていますよね?
そのソーシャルネットで異性とか同性とかと知り合う事ができ、ソーシャルネットでコミュニケーションをとる事ができるのがSNSサイトと呼ばれています。

今だとツイッターとかミクシーとかいろいろあると思うんですけど、それらはSNSサイトです。
良いサイトを選べば当然異性と知り合う事ができる事は間違いありませんよ。
エッチな関係となれば、難しいですし、当然援助交際を持ちかけるような言葉を使えば、そのサイトから追放される事は確実です。
だから、みんな隠れ言葉などを使用して、援助交際などをSNSサイトでしているんですよ。
ミクシーとかはコミュニティサイトとかがあり、自分の趣味など共通の方を見つける事ができるサークルみたいなものがありますからね。

結構オススメですけど、エッチな関係は最初は難しいと思いますからまずはメル友から探してみてもいいと思います。
慣れていけば、援助交際なりセフレなりGETする事ができるようになっていくと思いますから・・・。

援助交際をしたい方が求める専用の掲示板がありますが、そういった掲示板を使っても相手と出会う事ができないとか稼ぐ事ができないといった人たちもいますよね。
援助交際で相手をGETする事ができれば稼ぐ事はできるでしょう。
しかし稼ぐ事にも限度というものがあります。
だいたい今は不景気なので3万稼ぐ事ができれば良い方だと思います。

でも女性たちは3万よりも4万・・・4万よりも5万とだんだん金額を上げて行きたいと思っています。
だから援助交際をもちかけるのではなく家出をうまく利用するのです。
家出サイトがありますよね?
そこで家出して困った女性を演じるのです。

家出すれば当然お金はありませんし食べるものもありません。
ウソの悩みを男性に言って涙の一つでも見せて抱きついたりすれば男性はイチコロでしょう!
それで同情してくれた男性からお金をもらう事ができるという方法を使用しているのです。
ですから援助交際の掲示板を使って必死になるよりかは家出サイトで家出をしている嘘をつけばいいのです。

援助交際の始まりは? 歴史を語ると長くなりますが

援助交際が当たり前になっている時期もありましたが、今は昔と比べて犯罪も少なくなり、援助交際を自ら進んでやる人は前よりかは減ってきたと思います。
しかしまだ援助交際をネットのなかで広げてやっている人もいるんですよね。
ネットでは男女が知り合う事ができる出会い系サイトというものがあります。
その出会い系サイトも簡単に相手をさがす事ができるわけではないんですけど、うまくいけば、援助交際でもセフレでも何でも手に入れる事ができちゃうんですよ。

そんな援助交際のなれそめについて語りたいと思います。
えんじょこうさいができたのはちょうど1990年代後半の頃でした。
この頃から女子高生がやり始めるようになり、一気に人気が高まって言ったのです。

援助交際は売春ですよね?
売春をするというのは、昔からありました。
江戸時代でもおいらんなどがいたと思います。

おいらんは今でいうと、娼婦みたいな事で風俗で働いている女性という事です。
仕事としてやっていますけど、みせいねんを売り飛ばすような事は昔から存在しているのです。

なので、援助交際という言葉はなかったかもしれませんけど、売春という言い方で言えば、結構昔から存在しているのですよ!

援助交際は誰がする? お金を出す人です。

援助交際は誰がするものか・・・。それは当然お金を出す人が援助交際をしています。
女性のなかにはお金目当てで援助交際をやっている人がいるんですけど、主導権を握る事ができるのはセックスがしたくてお金を払う立場の方になりますから、男性という答えが分かっていますよね?

援助交際をしなくても風俗店などに行って女性に抜いてもらう事はできるでしょう。
しかし年齢に制限がかかっています。
しかもたいてい可愛い子が風俗店にいる事は少ないです!
男性がただエッチをしたくてやるのでしたらブサイクでもかまわないと思うかもしれませんが、最近の男性たちは欲張りな人たちが増えていますから、顔で判断したいとなれば、お金を高く払ってでも援助交際にしようと思う方もいるようですね。

だからといって可愛い女性が確実にくるというわけではないのですけど、若い子も結構援助交際はしていますから、年齢からいけば、犯罪ですけど18歳未満も当然いますよ!

援助交際をするなら暗黙のルールなどがありますから、きちんと暗黙のルールについても自分なりに勉強するなり、学んでおいた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">